マットレスと布団のダニ症状にダニ捕りロボは効果的なのか?

ダニによく咬まれる場所として思いつくのは、ベッドのマットレスや布団ではないでしょうか。

寝ている時の寝汗で湿気もありますし、体温でほどよい暖かさもあり、ダニが繁殖しやすいからです。
そんなダニの温床ともいえるマットレスや布団のダニ症状にダニ捕りロボは効果的なのか、検証してみました。

検証

まずは、ダニ捕りロボの動画をご覧ください。
2分30秒くらいの動画ですが、使い方や効果などがわかりやすくまとめられています。

ダニ捕りロボは、屋内ダニを対象にした商品です。
屋内ダニは大きく分けて2種類あって、アレルギーを引き起こすチリダニと咬んでかゆみを引き起こすツメダニになります。

アレルギーの方を除けば、かゆみを引き起こすツメダニを駆除することがダニ退治の目的になると思います。
実は屋内のダニの80%~90%くらいはチリダニです。
このチリダニを食べるのがツメダニなんです。

ところが、チリダニがいなくなると人間を咬みます。
咬まれてもすぐにかゆくならない場合もあり、家で咬まれたと勘違いする場合も多いようです。

ダニ捕りロボは、こうしたチリダニとツメダニを誘引して捕獲する商品です。
どうしてダニを退治する商品が多くある中で、ダニ捕りロボが効果的なんでしょうか?

それは、ダニのしぶとさに関係しています。
布団を天日干しにすると気持ちよくなりますが、ダニは日陰の方に逃げて行き、ほぼ生き残るようです。
洗濯機などで洗濯しても、80%以上は洗い流されずに生き残りますし、掃除機で吸っても繊維にしがみつきかなりの数が生き残るようです。

以前、ためしてガッテンというテレビ番組でやっていたダニ撃退法では、布団乾燥機などを使って50℃を20分~30分くらい維持するか60℃にすると死滅するということでした。

暑い夏場の車の中は軽く60℃を超えますが、わざわざ毎回布団を運んだり、マットレスを運んで入れるのは大変ですよね。

一番効果が高いと紹介されたのは「乾燥」
ためしてガッテンでは、丁寧な梱包をして布団乾燥機を使うか、コインランドリーでの乾燥を紹介していましたが、マットレスの場合どちらも難しいんです。
布団乾燥機は敷布団をかけて梱包していましたし、そもそもマットレスはコインランドリーの乾燥機に入らない…。

それに布団であっても、手間と労力を考えると頻繁に行なうのは必要だとわかっていても継続するのがめんどくさいと感じてしまいます。

他には、安価なダニ捕りマットがありますが、ダニが軽量なのでくっつかずにそのままマットの上を歩いて行くそうです。

 

ダニ捕りロボは、こうしたダニのしぶとさに関係なくダニ退治ができる優れものなんです。
それは、ダニが好む香りで誘引し、ためしてガッテンでも紹介されていたダニ撃退の唯一の方法「乾燥」でダニを退治するからなんです。
しかも、めんどくさいことは何もなく気になる場所に置いておくだけという手軽さ。

我が家では、ダニ捕りロボを置いたあとの気持ちよさが衝撃的でダニに咬まれることもなくなりました。
気持ち良くぐっすり眠るためには、ダニ捕りロボが必須になっています。

» ダニ捕りロボを公式サイトで見てみる